<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イタリアの授業の思い出 その3



3.
イタリアに帰りレポートを完成させた。
レポートの大部分は写真等で構成して良いのだが、もちろんきちんとした文章をイタリア語で書かなければならない。
10ページくらい書いたように思う。
提出の段階になって、クラスメイトで少し言葉を交わしたことがあるまじめな印象の学生が声をかけてくれて、イタリア語を直してくれるという。
教授にも説明してくれて、提出が一日遅れになるのを許してもらう。
彼がイタリア語を直してくれなかったら、きっと教授に私のレポートの内容を理解してもらえなかっただろう。
このレポートは結果的に30点満点で27点を取った。
100点満点で90点にあたるかなりの高得点である。
まわりのイタリア人より成績がよかった。
さすがに思い入れただけあったのかもしれない。

次は口頭試験だ、文献すべて読み終わる訳がないし、どうしたものかと思っていると、
例のイタリア人まじめ青年が文献をまとめたノートをくれるという。
かなりありがたし。彼がまとめたノートだけでも結構な量なのだが、とりあえず読んだ。
しかし、頭には入っていない。あと、選択で選べた文献の一つがIsamu Noguchの作品解説集で私はこの際この本を購入していたのだが(また3時間コピーしたくないので)、
これは英語イタリア語両表記で、私は英語の方が読むのは楽だったから
英語で読んで口頭試験も英語にしてくれないかなと思っていた。

口頭試験当日教室に行くと、いつもの教室とは違いひな壇型になっていて、
教授と生徒ひとりが前の方で口頭試験をし、他の生徒は後ろで待っている。
アルファベット順なのでYの私はいずれにしても最後の方だ。
しかし教授も40人くらいの学生の口頭試験を一人で二日かけてこなすのはなかなか大変だろう。

イタリア人はふだんから驚くほどよくしゃべる。
当然口頭試験でも話す、話す。
よくよく聞いてみると重要なことを言ってないことも多い。
そういったとき、この教授はぴしゃりととめ、もういいです(Basta!)。あなたはしゃべりすぎだという。
こういった潔さが私は好きだった。
言われた学生はきっと言われ慣れているのだろう。まだなんだかしゃべり足りなさそうにしているが、傷ついた様子などない。
この様子を見ていて、私はびびると同時にある意味こっちにアドバンテージがあるなと思った。
私は言葉の壁もあって、そんなに話さないし、ゆっくりわかりやすく話すし、きっと大事なことしか言わない。
いやもちろんわからない質問をされたら答えようもないけれど。

私の試験の番がきた。自分が選択した文献をもって教授のもとに向かう。結構重い。
教授はその場でページをめくりながら、開いたページに関する質問をする。まず私がNoguchiの文献に対して、英語で試験ができるかどうか聞いてみた。
彼は英語を話さないという。フランス語ならいいというが、もちろん私はフランス語など話さない。イタリア語ですることになる。
まず彼は私にはNoguchiの文献に対する質問しかしないと宣言する。
他の本に関しては、あなたにとっては厳しすぎるでしょうと言った。この教授は学生に対してもあなた(Lei:三人称)を使う。こういった上品な言葉使いとタフな面持ちはまさしく私の好むところであった。
彼の質問はNoguchiのカリフォルニアの庭園が何を現しているかであった。
日本庭園が何を現しているか。難しい質問である。
わたしなりの答えをつむいでみる。抽象的な表現は伝わったかどうかわからない。
それから2,3質問があったあと、終了した。私はレポートとの総合評価で最終的に26点を獲得した。
上出来だったと思う。

ちなみに親切な青年は30点の満点であった。さすがだと思う。彼はこの日いつもと違いジャケットを着ていた。装いを変える様はなかなかすばらしいなと思う。

こうして私はPolitecnico di Milanoで初めての単位を取得した。なんとも回り道の多い、
そしていろいろな幸運にも恵まれた、重き単位であったと思う。



今ノルウェーの恵まれた環境で学び、教授と率直に話し合える環境はほんとうにすばらしいと思う。大学も3つ見せてもらいましたが、それぞれに個性があってすばらしいですが、中でもNTNUは設備が整っていて、いい大学です。学生もみんなまじめに勉強しているし。
とりあえず今日思ったのは、ノルウェーに来て本当に良かったということ。
この国は私にすごく合っていると思う。
[PR]
by motokologic | 2006-11-30 23:46 | Landscape/ Urban pla

イタリアの授業の思い出 その2



2.
とりあえず、実践を、レポートをがんばろうと思った。
教授が授業中に取り上げた現代空間作品の作家の中にIsamu Noguchiがあった。
私的にも興味があったが詳しくは知らない作家であったし、日系人で日本にもアトリエや作品が多くある人ということで、親しみを覚え彼の作品を調べることにする。
彼の名字が母の旧姓と同じなのも何か決断に関係していたかもしれない。
さて、ではどの作品について調べようかと考える。
ヨーロッパでは同じイタリアのボローニャに彼の作品がある広場がある。
それは公共空間にあたるが、むしろ彼の彫刻作品がぽんと置いてあるにすぎないように思えた。
他ではパリのユネスコ本部の日本庭園が彼の作品にあたる。
文献をあたるうち、その日本庭園についてどうしても調べたくなった。
はじめNoguchiは作家の均等性を保つためアジア人の血をもつということで白羽の矢がたち、
パリユネスコ本部の建築アート担当作家の一人に選ばれたにすぎなかった。
しかし彼の手腕でもって、当初与えられたより多くが彼の担当の土地として与えられることになった。
また、彼の生い立ちや日本への思い、また西洋と東洋のはざまで自我を探し続ける姿は、まさに自分の今の境遇に置き換えられて、共感し同情し、入り込んだ。
日本で入手した雑誌、カーサブルータスによると、ユネスコ本部のその日本庭園は一般には開かれていないらしい。
時にグループかなんかでみられることがある旨書いてあったので、とりあえず電話してみる。
応答したのは自動応答マシーンで、希望事項に応じて番号をプッシュするのだが、
番号を押すと違う番号につながり、そこでも番号を押すと、元の番号に戻るのどうどう巡りで、
いっこうに人と話せる気配がない。連日かけても同じなので、ええい直接行ってしまえとなった。


パリに行くのは初めての経験であった。
ミラノからは格安航空券で片道20ユーロくらいであったように思う。
フランス人は英語を介さずフランス語のみを理解し、ツンとしていると聞いていたが、
人々は優しく親切であった。ただしこっちが英語で聞いてもフランス語で説明してくれるけど。

ユネスコ本部に行く途中、すごくわかりやすい道のはずが迷い、
まったく違った公共施設風の建物内で道を聞いたときは、親切に持参の地図までコピーしてくれ丁寧に説明してくれた。
とりあえずユネスコ本部に着いたがもちろん予約はない。
入り口付近は国際機関らしく物々しい面持ちで荷物チェック等している。
当然用事のない者は入れない。
受付のおじさんに用件を伝えてみるが、無理の一点張りで冷たい。
こっちは何度も電話している旨、とりあえず待つ旨伝えて、受付の前のソファーでボーとしていたら、なぜか次第に受付のおっちゃんの態度が軟化し、
今日あるグループが施設見学にくるからそのとき混ぜてもらえば見られるかもよ、
担当の人がもうすぐやってくるからと教えてもらう。
ラッキー。
担当の人がやって来て、用件を伝え、こっちは何度も電話しているというと、
担当者が彼女しかいなく、いつも他の仕事があるので、電話にはでられなかったという。
そしてグループに混ぜてもらうことになった。そのグループはアメリカのどこかの大学から、ユネスコのコンピューターシステムかなんかの見学にきているようだった。

とりあえず一通り内部の施設をみせてもらい、様々なアーティストの作品を見、
Noguchiの作品をさらっと見、その横の安藤忠雄のMeditation hallも見、
ユネスコのビデオを上映され、彼らの興味のデータルームみたいなところに行った。
私的には興味がないし、Noguchiの庭園をもう一度、ゆっくり見、
天気のいいうちに写真も撮りたいので、大学のレポートの趣旨も含めて彼女に言うと、
もう一度受け付けに戻って一日見学パスカード(セキュリティーの関係で)のようなものを取ってきたらと言われる。
正直建築関係者で見たいという人が多すぎて困っているとも言っていた。
言われる通りにし、心おきなくNoguchiの日本庭園を堪能し、写真をとった。
Noguchiなりの解釈で、日本の伝統庭園を現代的に創造していると思う。
石はわざわざ日本から運び、その費用は日本の外務省にもたせたらしいから凄腕だなとも思った。
詳しい庭園の描写はさけるが、私にとって心に残る作品となったのは言うまでもない。

[PR]
by motokologic | 2006-11-30 23:28 | Landscape/ Urban pla

イタリアの授業の思い出 その1



こんにちは。試験の合間に長文かいたので、じわじわのせます。
試験中の読み読み、書き書きの中で脳の働きが以上活性化している気がします。
怖い。

思い起こせば一年半前のことになるが、思い出したの書いてみたい。

1.
私はPolitecnico di Milanoで、春のセメスターとしてLa Storia e Theoria del Paesaggio e Giardinoという授業を取っていた。
訳せば、庭園とランドスケープ(風景)の歴史と理論とでも言おうか。
私はPolitecnico di Milanoに編入していたので、琉球大学時代のいくつかの単位が認められて、残りの卒業までに必要な単位を取るという形になっていた。
それは1年生のためのものから3年生のための授業まであった。
一年生向けの授業はひどかった。簡単な受験制度で入学してきたまだ10代の生徒が200人ほど教室に押し込められ、授業の質を保つのは優秀な教授ならまだしもそうでない者にとっては不可能に近かっただろう。
そんななかで、La Storia e Theoria del Paesaggio e Giardinoは3年生のための選択授業であったので、ここまで這い上がってきた生徒と知性みなぎる教授のおかげで私の好きな授業になった。この授業ではその名の通り、庭園とランドスケープの歴史と理論を学ぶ。
歴史は圧巻であった。アダムとイブの庭園やギリシャ神話に始まり、中世の宮殿を伴う庭園を経て、現在の創造的な造園、ランドスケープ作品で結ばれた。イタリア語の能力不足で私は授業内容の半分くらいしか理解できなかったが、聞き取れる中から理解する教授の奥深く、真理を得た事実やその批評は大変に興味深く、残りの半分を理解できない自分が恨めしかった。

授業の評価はレポートと口答試験であった。イタリアは口頭試験の多い国で、試験の半分は口頭なのではないかと思う。
レポートは現存する(古くとも新しくとも良い)庭園、公園、パブリックスペース(公共空間)の中から一作品選び、訪れ、調べ、書くというもの。
訪れて写真をとることと、文献をあたって作られたいきさつ等を調べ、自分なりの批評をすることが求められた。口頭試験のためには山のような文献が用意され、選択権は多少あるものの、本まるまる4冊分が範囲であったように思う。しかもその本は大学近くの本屋に売っておらず、図書館にはあるものの、貸し出し用の本は常に貸し出され、当日借りて返すことだけが許される本だけが、閲覧可能であった。
本を手に入れても、大学内でのコピーは禁止されている。たぶん著作権の関係だろう。
近所の大学ご用達のコピー屋に行き、本をまるごとコピーする。そのうち一冊はページ数1000ページに及び、結果としてその一冊のために3時間立ちっぱなしでコピーするということになった。さすがに、コピー屋の兄ちゃんは同情的で協力的だった。些細な気遣いが身にしみた。

イタリアの学生に与えられた境遇はひどい。まるで勉強させようとしていないみたいだ。
大学はすべて7時に閉まる。土地の門まで閉まるので入りようがない。
もちろん自習室も7時にしまり、土日は開かない。
学生は大量に入学し、はい上がれずにやめてゆく。
要領のいい者が他の学生と協力し、初めてはい上がることが可能なように見えた。
特に親しい人もいない私には孤独な戦いが強いられた。
というか姑息に要領良くすることが性格的にもできなかった。

文献を読もうにも一時間読んで一パラグラフ進むということがあった。
辞書を引きながらなので、文脈が途絶えて意味がつかめない。
またイタリア語の文章は難解で奥深く、庭園の話をしているはずが、いつの間にか食の話をしている。
今から試験日まで毎日24時間読み続けても、私には明らかに終わることができない量だった。

[PR]
by motokologic | 2006-11-30 23:10 | Landscape/ Urban pla

Report syuryou

Roma-ji de sitsurei simasu...

Zenjyutsu no report syuuryou itasimasita.
Nakanaka omosiroku kaketayouna.
sirabeteite, jibun tositemo kyoumi bukai theme desita.

kondoha hokano kyoukano siken nimukete, Read, read read no
mainitiga hajimarisoudesu.

kotosimo nokosutokoro hobo ikkagetsu, ganbari massyoi!
[PR]
by motokologic | 2006-11-27 21:44 | Daily life

11月は勉学の季節

最近はだんだんと日照時間が減って参りました。
11月17日現在で
8時46分に日の出、15時19分に日の入りでした。
そして毎日6〜8分ずつ日照時間が減ってゆきます。
つらい〜〜〜!

そんな中で11月は学生達にとって勉強の季節です。特に面白みのない気候の中で勉強に集中するにはもってこいといえばもってこいです。
12月初め頃からの試験期間を控えて今はみな試験勉強をしています。
自習室は込みはじめ、学校滞在人口(学生)も増加しているように感じられます。私も試験勉強&レポート書きをしています。
レポートのテーマは
都市計画における住民参加の現状とその改善方法(自国の例)
ということで、日本のことを調べながら書いています。
都市計画法とかのお堅い日本語を英訳するのが至難の業です。

これはplanning theory and practical process skillのレポートなのですが、レポートが評価の50%を占めるので、重要です。で、残りの50%は筆記試験です。この教科の場合試験時間は4時間です。4時間は筆記試験に課せられた一番短い時間で、たまに7時間とかの教科もあります。
一体何を書けとおっしゃるのでしょうか。こちらでの試験は基本的にいつも論述形式で穴埋めとか、選択肢から選べとかそういう問題はないので、まあ時間はかかるのですが、私の経験だと課せられた時間の半分くらいの時間で普通は終わるように作られているように思います。
いずれにしても、試験は英語のこともあるし何がおこるかわからないので、レポートでなるべく点数を稼いでおきたいところですが、はあどうなることやら。

ちなみにこちらでは出席点みたいなものは一切ないです。授業に出席しようがしまいが生徒の勝手でありそれは成績には一切響きません。試験(もしくはレポート)が全てです。(もちろん実技的な授業では響きます)そして、インターネットで授業で教授が使ったプレゼンやノートが全てダウンロードできるようになっているので、授業を受けず自宅学習すると決めた者にも支障ないようになっています。まあでも教授も人間ですから、休んでばかりいる学生よりはいつも出席している学生の方がかわいいに決まっているし、また自宅学習するにもいずれにしても時間を割かねばならないので、授業にでた方がわかりやすいことも多いし、質問等もできるということで、わたしは基本的に授業にはでてますけど

そんなことでエネルギーが落ちがちな今日この頃ですが、なんとか乗り越えたい。
は〜ほんとになんとか受かりたいの一心ですー。
[PR]
by motokologic | 2006-11-18 03:24 | Daily life

学会について

みなさん学会には参加されてますか?
最近そろそろ参加しようかしらと思い、いろいろ調べているのですが、
修士学生が本会員となる場合は、年会費が痛いです。
きっと企業に勤められている方は法人会員とかなんでしょうね。
実費で払うのは少しきついのでしばらく様子を見ています。
学生会員が適用されるところはそろそろ入っていこうかしら。

最近は日本の学会でも会報等を海外配送してくれるようです。
日本の業界を知るのには大変いいかと思います。
[PR]
by motokologic | 2006-11-05 21:00 | Architecture

ノルウェー建築家協会の集まりに参加す。


b0109265_2032979.jpg
金曜日、ノルウェーの建築家協会の集まりに参加してきました。
もちろんはじめての参加ですし、協会メンバーにもまだなっていないので、これがどういう位置付けのイベントだったのか詳しくわからないのですが、最後に表彰式もあったので、一年に一回の学会賞の発表も兼ねた集会&勉強会といったところでしょうか。参加者は400名ほどであったと思います。

印象的であったことをいくつか書きたいと思います。

1. 協会会長が女性であった
ノルウェーでは会社の社長や組織のトップが女性であることは珍しくないのですが、もし日本建築学会のトップが女性になったら正直すごくおどろきますよね。多分そうなるには100年くらいかかるでしょうか。
しかし、以前「政治と都市計画」のページにも書きましたけど、トップは必ずしも成功した建築家とか言うんじゃなくて、たんに運営サイドでトップになった人という印象が強い。結構割り切ってると言うか、権力の集中を避けているというか。まあそんな感じです。(どっちがいいのかは謎)

2. ArupからいらしていたCharles Walkerと言う人の話がおもしろく、頭の良さにびっくり。
Arupというのはロンドンにある事務所で、建築の設計をしたり、外部の建築家の設計したものの構造デザインを担当したりする事務所。伊東豊雄のロンドンパビリオンの構造を担当した事務所といえば、分かりやすいかと思います。(あの緑色のボックスでギザギザみたいな構造体)

この集会は勉強会でもあるので世界各国(といってもヨーロッパ&アメリカ)から7名ほど講師陣を集めて、各自プレゼンしてもらうのですが、彼のプレゼンは一番面白かったです。

構造に対する自由な発想と探究心。でも印象的であったのは、幾何学や数学に裏打ちされた構造であって、無から何かを作るのではないのだなということ。丹念に構造をパターン化し、コンピュータで計算してゆく。いろんな例をたくさん試みるといった基本的な姿勢が自由な構造の実現を深く支えているのだと思いました。Walkerさんは見た目とても若く30代くらいに見えましたが、楽しくいきいきと仕事をされている旨伝わってきました。この事務所の今後は言わずもがな大注目です。

それから言及したいのは、彼が建築家であり同時にエンジニアである点。日本だと建築学科は工学部に属することが多いので、それは至極当たり前のように思うのですが、ヨーロッパでは違うのですね。私も日本では工学部の出ですし、卒業証明書の英語バージョンなんかをみると、
Bachelor of Engineerであって、建築という文字は出てこない。しかし今私が属している学部は学部自体がArchitectutre and Fine art (建築芸術学部とでも訳しましょうか)。でも取ろうとしている学位はMaster of Scienceです。あ、私の話はどうでもいいのですが、つまり、ヨーロッパでは建築は美術もしくは哲学的側面がつよく、構造の勉強が深くなされないということ。構造もしたければ、別にエンジニアの教育を受けなければならない。よってに、こういう協会に集まる人たちも一見して建築家の形相であり、お洒落感強し。世間で言う建築家のイメージをそのまま地でいく感じ。そして、構造計算はEngineerかCivil Engineer(土木家)に別注。
つまり人びとのグループとしては明確に境があり、現実の世界ではその境界を超えていく感じに仕事がなされる。その中で彼はデザインと構造双方をこなすものとして活躍されているようです。

日本の建築構造のエキスパートは建築士であるけれど、建築家を地でいく感じでない人は多いと思う。日本は地震が多いので、構造を建築教育に折り込むのはとても重要なことなんだと思いまする。

3.学会賞が橋
今年の学会賞はノルウェーとスウェーデンの国境近くの橋でありました。
上にも書いたように、建築と土木関係の協力関係によって実現した橋でありまして、施行はスウェーデンの会社であったようです。
上のパンフレットに用いられた写真は今回講師の一人David Nelsonさんが属するFoster&Partnerの作品。2kmの橋で全体的には円弧を描き、すごく美しいのです。

4. 全体的に学んだこと、思ったこと

今回の集会には直接関係はないですげ、デザインと構造双方をこなす方として、絶対的に美しく、建築・土木境目なくすばらしい作品を世におくり出しているのは、Santiago Clatravaではないでしょうか。正直構造を追求するあまりに本来の美の探求がおろそかになった作品が目にあまる昨今でありますが、この人の作品は本当に美しいですね。

あと、現代技術の発展にともない、本来の建築(例えば手で図面を引くだとか、地域の伝統素材を用いて建築す)といったことが、だんだんおろそかになって行き、それがださく時代遅れのものと捉えられがちになるのではないかという危惧。プレゼンになった時に、やっぱりこういうやり方は見劣りする部分があるのは否定できませんが、やはり本当の勝負は実際の建築においてなされるべきだということ。

講師の半分以上がEnglish speakerであったため、だいたいの集会の流れは分かりました。ノルウェー語も専門分野だけあって、一般的なものより理解できました。しかし、9時から始まり6時に終わる頃には脳みそも疲れ果て、そして特に知り合いもなく一人での参加であったので、精神的にも疲れました。しかし、初参加として業界を知るのには有意義であったと思います。とりあえず一歩という感じでしょうか。

多少疲れた頭を、「ルイス・カーンの全住宅」とB.ルドフスキーの「建築家なしの建築」を再読することで、気を落ち着かせ、本来私のすべき仕事へと舞い戻る準備としたいと思います。

Norsk arkitekters landsforbund
(National Association of Norwegian Architects:ノルウェー建築家協会)
[PR]
by motokologic | 2006-11-05 20:43 | Architecture

Photo集 Bergen&その周辺


b0109265_2592519.jpg

ベルゲン:7つの山に囲まれた街

b0109265_259483.jpg

スターヴ教会 ベルゲン中心部からバスで10分ほど
[PR]
by motokologic | 2006-11-01 03:07 | About Norway

 Photo集 Alta

ノルウェー北部のアルタに2005年の11月にいった時の写真。

b0109265_246833.jpg

世界遺産の壁画

b0109265_2462353.jpg

静かなフィヨルド

b0109265_2463790.jpg

冬の風物詩つらら
[PR]
by motokologic | 2006-11-01 02:54 | About Norway

Photo集  トロンハイム

b0109265_2365580.jpg

ニダロスドーメンを望む(6月)
b0109265_2403075.jpg

街で一番古い橋(8月)
[PR]
by motokologic | 2006-11-01 02:47 | About Norway