<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

授業始まる

先週今週くらいから授業がぼちぼち始まってます。

いままでの学期とくらべたら学生の人数が15〜20人と多くなるので
参加型というよりはレクチャー型で、私にしたら楽な授業が多くなるかも。

でも毎度のように「読み物」は多くて各授業10論文ほど読まなきゃなんないので、
なかなか大変。全部英語です〜。
英語が難解というよりも、哲学的な話になると単純に脳がついてゆかない。
たぶん日本語で読んでも分からないだろうと想像する、建設的な議論が展開されているのです。分からない単語が多くなる。辞書を引く回数が多くなる。読むのにすご〜く時間がかかる。。。
じっくりこつこつやろうこつこつ。

やっぱ1年経つと慣れてくるもんで、最近は授業に辞書を持っていかないでも何とかなるようになって来たけど、やっぱり読みはね〜、大変さ。
そして書きはもっと大変さ。

でも最近はそんなに難しくない英語の小説なら読めるようになってきて、
よって娯楽としての活字文化は充実してきました。
今は村上春樹のA wild sheep chaseを読んでます。
(読んでるのは日本人作家ってのが笑ける。でもやっぱ日本のものを読めると落ち着くんです)

で、うれしいことに今学期から大学の図書館で朝日新聞を取りはじめました。
時間がある時に行ったら読めます。
うちの大学は留学生が多いので、いままでも英語、フランス語、イタリア語、中国語等々はあったようだけど、1年前赴任して来た熱心な東アジア研究の教授のおかげで実現しました。
これはなかなかうれしいね。たまに行って読んでみよう。

以下が私が今学期取る授業。
1. planning theory and practical planning proccess(週2)
:都市計画を現実に行っていく上での、計画の理論とその実践的方法論(必須)

2. gender and social change(週1)
:その名の通り。同じような名前の授業を琉球大学時代に取って、教授が面白い人というのもあって大変興味深かった。それ以来ジェンダー問題のは一定の興味をそそいで来たつもりだが、ここにきて世界で一番女性の社会進出が進んでいる又は女性の社会的環境が整っているといわれるノルウェーではジェンダーの問題をどうとらえているのか興味深かったので選択しました。(選択)

3.analysis of the field work(週1)
:この夏に行われたフィールドワークの分析。最終学期の論文執筆につなげてゆく。

プラス folkesuniversitet(University for the people)にて
ノルウェー語クラスを週二回受けようかなと思っています。

1&3は私のいつものキャンパスGloshaugenで。
2は少し郊外のキャンパスDragvollで。
ノルウェー語クラスは街の中心である高校の一角の1クラスで、
ということで、1週間にいろんなところに行ったり来たりすることになりそうです。
私はそういうの好きです。
ひとつのとこにじーといるより、いろいろなところに出向けるとワクワクします。

実りの多いよいセメスターとなりますように。
[PR]
by motokologic | 2006-08-29 05:15 | Daily life

ウ゛ェガがNHKで!2

今週土曜の放送ごらんになったかたいますか?
もし感想等あったら、是非伝えて下さい。

私は家族にビデオを取ってもらって送ってもらう予定ですが、
見忘れた!というあなたへ!!

再放送がありまーす。さすがNHK!
8月30日(水)深夜01:55〜02:38(木曜未明)と
9月1日(木)16:05〜16:48
の2回もあります!
放送内容はいずれも同じです!

今度こそ是非ごらんあれ〜。
[PR]
by motokologic | 2006-08-27 20:24 | Landscape/ Urban pla

山登り

8/31写真アップしました!
b0109265_421653.jpg
b0109265_424195.jpg
b0109265_425997.jpg
b0109265_435137.jpg
b0109265_441523.jpg

もう秋の気配。ブルーベリーが見えますか?最後は典型的ノルウェー男子たち。(多少イカツ目か??)


昨日は夕方5時頃からトロンハイムから1時間ほど車を走らせ、
友人の御両親のヒュッテ近くから山登りにいってきました。
500mほどをのぼったのですが、素晴らしい展望で私たちが頂上に着いた頃に
夕焼け。絶景でした。それがだいたい夜9時くらいです。
まだまだ日は長いですが、1日1日短くなって来ているのが身にしみます。
日頃の水泳の成果か、すいすいとのぼれ、キャンプするつもりで大きな荷物を運んでいるといったハンディがあったにせよ、男子よりがぜんアクティブな私でした。いえ〜い。

山にはあまり高い木は生えておらず、ブルーベリー等の低木が多いです。
そしてたわわになるブルーベリーの実!で、栄養補給!
もう秋ですね。

私らは頂上で引き返し、暗くなりかけの山をいそいでおりてきました。
彼等はさらに先へテントを張りにいきました。
私たちが家に着いたのは夜中でした。
週末に自然のなかに行くのは、典型的ノルウェー的行為のようですが、
空気はきれいだし、エクササイズになるし良いですね。
自分の中の野生が目覚めます。
[PR]
by motokologic | 2006-08-26 20:02 | Daily life

アムステルダム

b0109265_4572824.jpg
アムステルダムはオランダの首都だが、
あまり首都であるということを感じさせない、適度な大きさの街で
そして建築等もヒューマンスケールで
デザインも極めて土着的であり、
地球の歩き方がいうように、誰もがふるさとに帰って来たような、
ほっとできる街である。

b0109265_4552539.jpg

様々な表示のサイン等は極めてわかりやすく、人びともフレンドリーで英語を流暢に
話すので、過ごしやすい。
またスカンジナビアから来た者にとっては、言語的にも似通うところあり、きっと文化的にも
多くの共通点があるのだろう。
地図をみれば分かるのだが、地理的にはデンマーク等は大変近い。

オランダは世界でももっとも人びとの背が高い国だと思う。女性でも180cmくらいあっても
いたって普通である。身長161cmの私としては、ノルウェーでもあと5cm背が高ければと思う機会は多いが、こちらならなおさらのことだろう。

オランダはネザーランド(低い国)というだけあって、高低差が非常にない土地を持っている。
よってに、街では自転車が大活躍である。
通勤中と思われる、きちんとした身なりの男女が、きちんとした鞄をななめがけし、
さっそうと街を行く姿は大変絵になる。そして自転車は大きなかご(人間が裕に入れるくらい)が前についたもの等大変種類が豊富で、基本的にはスポーツサイクルというより、昔の映画にも出てくるようなクラシックなものが多い。それもまた様になる理由なのだろう。

そして、忘れてはならないのが運河とそれが作り出す水辺空間である。低い国だけに、運河はそこら中にはり巡らされていて、至る所にオープンカフェからのナイスなビューや、観光客を喜ばす景色を生み出している。地元の人もそれを大いに楽しんでいるようだ。
b0109265_522739.jpg


最後に余談になるが飾り窓地区というのをご存じだろうか?
それは性風俗を生業とする地区なのだが、飾り窓といのを私は勝手に、建築的に飾り細工がしてある窓に女性が座っているとうのものなのかなと思い込んでいた。
しかし、実際はわれらがあるく通りに面した窓に女性が下着姿で音楽等に合わせて体をゆらす等して男性を誘惑しており、普通に通りかかった子女としては度肝を抜かれてしまった。

オランダは売春が合法の国なので、こういった女性もどうどうと営業を行えるのでしょう。
よい社会勉強になりました。

話がそれましたが、アムステルダムは一件の価値がある美しくもかわいい街です。
日本からはKLMで直行便がありますが、私の知る限りKLMに乗るとろくなことがないので
(ダブルブッキングされる確率がものすごく高い。とくにヨーロッパ内便だが)
あまりお勧めできません。ほかの航空会社を利用してヨーロッパの他の地に降り立ち、そこからアムスにいく方がお勧めかな。
[PR]
by motokologic | 2006-08-25 05:14 | Cities in the world

はじめに


齢27にして数々の国&街を訪ねさせてもらった。
そこで、わたくしなりにかなり未熟ではあるが、
各国の街の印象を述べさせてもらえればと思い、
新しいカテゴリー、世界の街を設定してみました。

旅行するような気持ちでゆうるりと御覧いただければと思う。

手始めは今月いったアムステルダムから。
[PR]
by motokologic | 2006-08-25 04:27 | Cities in the world

To大学修了す。

はろーみなさあん。

本日付けをもちまして、わたくしの彼氏Toさんが無事大学を終了されました。
ぱちぱちぱち。
正確にはMasterを終了しました。
で、Civil Engineerという肩書きになられました。
わたしと同じ大学NTNU(ノルウェー科学技術大)を修了したToさんです。
NTNUは今は総合大学ですが、以前は建築を含む理系の大学で、
名前がNTH(エヌテーホー)といいました。
今でも以前のNTHを終了した学生はその証に
NTHオリジナル指輪を買うことが出来ます。

トロンハイムの街で一件だけ、その指輪を受注する店(アクセサリー&銀製品屋)
があって、今日早速出向いて、修了書を提示の上注文してきました。
こっちでは男性も結構ふつうに指輪します。
(結婚指輪だけでなく)。

写真は出来上がった時にアップします。
[PR]
by motokologic | 2006-08-25 04:06 | Daily life

MUJI will come to Trondheim

9th September 2006

A°lhens shop will have small MUJI shop on the corner.
Finally!
At the first day of opening, they will do 10% discount for all products.
Un-
I must go.

無印良品がついにトロンハイムにもやってくる。
スカンジナビアではスウェーデン系のA°lhensという百貨店とくんで、
展開されていた無印良品のお店、いままでノルウェーではオスロのみ
でしたが、今度トロンハイムのA°lhens一角にも無印コーナーができます。
日本では溢れるほどショップがある無印ですが、
ヨーロッパではまだ貴重です。
イギリスから始まったヨーロッパ進出も、去年私もお手伝いさせてもらったイタリア進出等を経て、ついにスカンジナビアの辺境地までやってきましたね。

こちらでは意外とシンプルな筆記用具とか探すの難しいから、無印があると助かります。そして日本人として親しみのあるものが、また日本を誇れる物が身近にあるというのは、うれしいものです。

現在わたしは、たまにこちらから無印にレポートを書くバイトをしていますが、これも何かの御縁。大切にしてゆきたいものですね。
[PR]
by motokologic | 2006-08-23 01:17 | Daily life

NHKでウ゛ェガが!


今週の土曜日(8月26日)夜8時からNHK総合「探検ロマン世界遺産」
で、ノルウェーのウ゛ェガ群島が文化遺産として紹介されます。

私の修士論文のケーススタディと同じ場所です。
というのも6月のフィールドワーク時に現地で偶然NHK一行と出会いました。
かれらは3週間かけて島々を巡って撮影されていたようです。

以下紹介文章、
NHKの番組ホームページ(http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cardr053.html)からそのまま引用。
北緯65度、白夜に輝く世界遺産ヴェーガ群島(ノルウェー)には、の人々は、野生のケワタガモの巣を守り、その見返りに得た羽毛で世界最高級の羽毛布団を作る。ここは厳しい自然の中で、人間と動物が共に助け合いながら生きる聖地だ。家の軒下、畑の脇の小屋、島の至る所で卵を温める母親カモに、島の人は毎日声をかける。天敵がいないか、巣に雨が入らないか、1日数度見回りをする。夏至の頃、生まれたばかりの小さなヒナが巣立ち、海へと向かう愛くるしい姿を、人々は優しく見守る。そして巣立った後の巣には、母ガモが巣作りの材料に使った羽毛の束が残される。島の人が「カモからの家賃」と呼ぶこの羽毛から、布団が作られるの古くはバイキング時代に交易品となり、ヨーロッパ王侯貴族が愛用していたという弾力のある世界最高級の布団だ。小さな島で千年以上続くカモとの暮らしをはじめとする、人と自然の共生によって作り出された心温まる景観を紹介する。


といったいやされること間違いなしの内容になっていると思います。

こぼれ話としてレポーターの松村正代アナウンサーは小柄な人ですが顔がものすご〜く小さくて、お肌がつるつるで、ものすごく感じのいい方でした。
私もそんな世界の片隅で日本人に会えると思ってなかったので、驚いたとともにとてもうれしかったです。
ということで、時間と興味のある方は是非御覧になってください!!

土曜!8時!
ちなみにもちろん私は1秒たりとも映っていません!
[PR]
by motokologic | 2006-08-23 01:12 | Landscape/ Urban pla

最近の気候

こちらは毎日大変すばらしい気候が続いています。

最高気温は25度ほどで毎日快晴。
朝夕は涼しく秋の気配といったところでしょうか。

日没は夜10時半くらいで夕日がとてもきれいです。

今カメラの充電器の在り処がわからないという事態が生じ、
写真をアップできないのが申し訳ないところです。

去年の八月はずっと天気が思わしくなく、
入学式にコートを着ていたことを覚えています。(たぶん気温は10度くらいだったのでしょう。)
今年は7月もずっと天気がよかったようで、
ノルウェーの夏は年によって随分と違うようです。

ただし今年は水不足で、そのせいで今後電気代が上がるそうです。
ノルウェーは水が豊富なので水力発電のパーセンテージも高いからかな?
勉強不足で詳しいことはあまり知りませんが。

天気の善し悪しも一長一短といったところでしょうか。
[PR]
by motokologic | 2006-08-21 05:52 | About Norway

最近の日課

最近はもっぱらプール通いをしております。

このプールてのがおっきな温水プールの他にも飛び込み用プール、波の出るプール、
リラックスプール、蒸気室、サウナ等々もりだくさんのおっきな施設なのでございます。
私はもともとかなり親水性の人間で、好きなスポーツは水泳とスキーなものですから、プールにいくのは大好きなんでありますね。
そんでもって今のアパートには浴槽がないので(こんな寒い国なのに。おかげで冬は体が芯から温まることがない。)、日本人的にはやっぱりなんだか1日の疲れがとれづらいっていうか。
そんなことで、このプール通いはエクササイズ&リラックス両面にとっていいのでありますね。
ただ施設も大きめなら値段も大きめ。一回80kr=1600円(土日は100kr=2000円)。高いよ!まあノルウェーはなんでも高いんですけど。
でもいろいろ調べていると、回数券や1学期料金もあってそれだとそんなに高くない。
定期的にかようならこっちが断然お特。
今は授業もまだ始まっていなく時間もあるので、週3はいっているけど、授業が始まってもこのくらいのペースでいきたいな。
日本の友だちはエステだスパだといっているお年頃のようで、
私もこれくらいの贅沢はゆるされるでしょ〜。まだまだかわいいもんだ。
[PR]
by motokologic | 2006-08-21 05:25 | Daily life