カテゴリ:Art-Color-Pattern( 7 )

魯山人もこう言った




JDN(Japan Design Net)内 コンペ情報ページ登竜門、「和 / 空間」 出版公募の文章より引用
http://compe.japandesign.ne.jp/ap/01/arc/wanokuukan/

魯山人は、
「真の美術家になるにためには、飽くなき美術追求をすることにあると思うね。人工美をきわめつくした上に、自然美に目を向け、これに没入することだね。人工美だけでは何々流という奴になって、一向におもしろくない。前者より後者が大切だ。」
と言っています


なるほ〜ど〜。魯山人も同意見か〜。
レベルがちゃうかもしれんが、これは日々精進ですな。

これは今風にいったらecologicalなデザインとか、自然からスピリチュアルを得て、
ということですよ(なんか言葉が軽々しくてうさん臭いですが)。
あ、でも
「人工美をきわめつくした上に、」

のようです。

人工美を極め尽くし、自然でくずして、完成さすということでしょうかね。
[PR]
by motokologic | 2007-03-05 06:37 | Art-Color-Pattern

冬の模様:Folldal周辺

冬のノルウェーの自然も他の季節に負けず美しい。
限られた日照時間の中で、自然と過ごすと
冬こそがその醍醐味を発揮するところだとさえ思えてくる。
自然の中でみられる美しい色・模様・形こそが、アートやデザインのイメージ源である
と思いから、それらをスクラップし将来の創作活動のメモとしたい。
b0109265_4414246.jpg

氷&雪に覆われた地面。氷は時と場合により、いろんな表情を持つ。
b0109265_4472832.jpg

木の形と空の色のグラデーション。
なんとかして写真でも表現できない色の豊富さと微妙な変化を記録して、
版画でもって、木の形をクリアに表す
b0109265_4552112.jpg

冬も豊かな表情の木と、枝の隙間から垣間みられる淡い色のグラデーション
[PR]
by motokologic | 2007-01-05 04:52 | Art-Color-Pattern

Jostein Kirkerud

下のプラミッラさんの作品の横に飾ったあった作家の作品も
いかにも、北欧っぽいなとおもったので、載せておきます。
淡い色と、なんだか自然の枝をモチーフにしたようなところが、北欧ぽいんでしょうか。
b0109265_11333590.jpg


ふとおもったけど、人の作品の写真を取って、
勝手にこのブログに載せてるけど、著作権的にいいんだろうか。
まあ、いいと思った物しか載せてないし、悪口じゃなくてほめてるから
いいのかなあ。ある意味宣伝だしね〜。
[PR]
by motokologic | 2006-12-21 11:34 | Art-Color-Pattern

Pramila Giri

以前いった、うちの教授の奥さんのプラミッラ ジリさんの
一番の大作やっと写真取ったので、載せておきます。
冬のイメージだそうです。
b0109265_11135681.jpg


くしくも今日は冬至でしょうか。今日から日が長くなってゆくのかと思うと
本当にうれしいかぎりです。
[PR]
by motokologic | 2006-12-21 11:24 | Art-Color-Pattern

Kenneth Blom

今日NRK(ノルウェー国営放送)のsafariという芸術の番組で取り上げていた、
ノルウェー人の画家 Kenneth Blomは結構好きでした。

b0109265_750201.jpg


来年一月にロンドンで個展があるようです。

詳しくは下記をどうぞ。
http://gallerihaaken.com/kunstnere.php?artist=1

このホームページにあるものより、番組で紹介してた作品の方が輝きをましてましたけど。


NRKはNorsk rikskringkastingの略なのですが、ノシュク (ク)リンクス クリン(ク)カシュネンと発音するように私には聞こえます。
このなんともややこしい発音を、ノルウェー語が全く分からなかった頃に彼氏に特訓され覚えた記憶があります。
[PR]
by motokologic | 2006-12-13 08:01 | Art-Color-Pattern

展覧会

b0109265_1618346.jpg

昨日はうちの教授の奥さんの展覧会の前夜祭で、
呼んでもらっていってきまいした。
ホテルのレセプション近くで公にオープンな形で展示されていまいした。
閉じた部屋でなく、多くの人が目にする場所にアートをおくのは
大変いいことだと思います。実際ホテルの利用者の多くは特に目にとめないとしてもです。

作品は数は多くありませんでしたが、よかったです。
以前アトリエをたずねさせてもらったときより、抽象性がましていて
私は好きでした。
教授のへやに彼女の作品がひとつあるのですが、カラフルな色合いで少し構成的で、聞けば彼女の解釈の曼陀羅なんだそうです。素敵ですね。
写真の作品は何を意味するのか知りません。彼女は本にん曰く口べたで作品について解説するのは好きでなく、というかできないそうです。それをうちの教授がいつもどおり饒舌なスピーチで補っていました。あいかわらずナイスコンビネーションです。
b0109265_16221931.jpg


一番の大作がやはり一番素晴らしかったのですが、写真とるの忘れました。他の作品の暖かみある色合いとはことなり、濃いブルーと少しの白、紫が使われていて、冬のイメージだそうです。この作品はなんと89、000krもしました。(180万円!)
購入について伺うと、教授いわく友人はアトリエへ来て下さいとのこと。ギャラリーで買うと40%持っていかれるらしいです。すごいな。是非アトリエへ行こう!いつ買える日がくるのか分かりませんが。展示する大きな部屋もいるしな〜。
[PR]
by motokologic | 2006-10-27 16:26 | Art-Color-Pattern

Alex Booker

b0109265_22194847.jpg

昨日街をぶらぶらしていて、北欧家具(あたりまえか)屋でいろいろ物色していて、
見つけたポストカードにAlex Bookerって人の展覧会の案内。
この色合い私はすきだなーってことで、展覧会近いうちにいってみよう。
今日はあいにくの雨なので、家でゆっくりしよう。

行ったらまた報告しまーす。
b0109265_22201553.jpg


追記:この人実はうちの大学のうちの学部の教授のようだ。な〜んだ、身内じゃん!
今度機会があったら、ぜひラボをのぞいてみよう。(2007年1月13日)
[PR]
by motokologic | 2006-06-02 22:14 | Art-Color-Pattern