カテゴリ:Daily life( 51 )

自宅学習と雪景色



b0109265_133154.jpg

最近は前にも書いたとおりもっぱら自宅学習です。
海外生活を常に共にしている4年目のMacもきちんと(今年の私の合い言葉!)
働いてくれています。学業だけでなく、他の執筆、他のデザイン関係、そしてコミュ二ケーションツールとしてとなにかと酷使しているにもかかわらずです。ありがとう。あなたの次も絶対にMacでいくからね。

と相棒との愛を確かめあったあとですが、こちらの雪景色を御伝えしましょう。
景色を見ながらスキーに行きたい行きたいと思いつつ、学業学業と念じてあきらめ、
行けば良かった、いい気晴らしになったのにと後に後悔するというような日々を送っております。
体によくありません。
しかしこの雪景色だけで、近所のスーパーに行くことも俄然おもしろく感じられる
のはなかなか幸せです。

b0109265_13184324.jpg

b0109265_13194222.jpg

思いがけない形を強調してくれる雪。ベンチもなんだか、より印象的に。
(しかしベンチの役目果たさず。)
[PR]
by motokologic | 2007-01-22 13:10 | Daily life

冬眠からの復活と今年の抱負

おひさしぶりです。
1週間ほど冬眠しており更新が滞っておりました。
文字通り5日ほど家から全く出ず、蓄えられた食料で生活しておりましたら、さすがに賞味期限手前(もしくは後)の物や乾物が消費されて、家の中が片づきました。

冬眠からの復活のきっかけはクロスカントリースキー。
地球温暖化の影響かといわれ異常に雪が少ない今年の冬ですが、ついにトロンハイムにも大量の雪がつもり、スキーが可能となりました。
雪が積もると、わずかな日光を反射するので、一気に景色が明るくなります。
ノルウェーの暗さに非常に敏感で、精神状態が気候に強く影響される私にとっては、
雪の訪れにはエネルギーが格段にあがります。
クロスカントリースキーというone of the my fevorite sportsをできるならなおのことです。

今学期は修士論文を書くのが学期を通しての課題で、基本的に授業はありません。
もちろんミーティングはあるのですが、不定期です。
ということでなおのこと、スケジュール管理と自己管理が問われるので、
毎日朝起きるモチベーションをもっていかなくてはなりません。

今学期すること
ー修士課程を無事修了す
ー就職活動
ー一級建築士勉学
ーノルウェー語(コースには通わない。実践と独学で!)

やることは本当にたくさんありますが、優先順位(上記の通り)をつけて
やっていきます。
今年一級受ける人は是非情報交換等していきましょう!

ということで、今年の合い言葉は「ちゃんとする!」です。
(なんのこっちゃ)
[PR]
by motokologic | 2007-01-15 12:46 | Daily life

謹賀新年&婚約

新年明けましておめでとうございます。
2007年がみなさまにとって実り多き年となりますよう。

クリスマス休暇をゆったりと過ごし、エネルギーを充てんしました。
今年も何かと忙しい年になりそうですが、一つずつ精進し、
こちらから何かお伝えできるよう励みます。

それから非常に私事ですが(というか私事を書くページですが)、
この度婚約いたしました。式は2008年春頃を予定しています。

記念に二人あわせて初顔見せをします。
b0109265_2161673.jpg

b0109265_2163754.jpg

写真は年末年始を過ごしたHytte(ヒュッテ)にて

今年もどうぞよろしくおねがいします。
[PR]
by motokologic | 2007-01-05 02:10 | Daily life

今年も納め時

無事といえるかわかりませんが、とりあえず今学期も終了し、
今年も残すところはノルウェーでは一年で一番のイベント、
クリスマスのみといったところです。

今年は
ー修士課程が修了に一歩近付いた
ーノルウェー語が前よりは分かるようになった
ー彼氏が初めて日本に来た

というのが私の三大収穫でございました。
みなさまの励まし、支えありがとうございました。
皆様あっての私だと、リラックスした今痛感いたしております。

年末お忙しいことと思いますが、今年が皆様の良い年として納め
新しい爽やかな一年をお迎えになられますよう、遠くから祈っております。

トロンハイムにて 吉田素子
[PR]
by motokologic | 2006-12-21 11:46 | Daily life

試験ひとつ終了す。

今日はGender and Social Changeのテストでした。

話題がテストばっかりで申し訳ない。

とりあえず終わりました。4時間の筆記テストだったけど、2時間半くらいで引き上げてきました。一様設問には全部答えたけど、多少うろ覚えの理論を自分の言葉で勝手に説明とかしたので、英語がしょぼいことになってるでしょう。
受かってるとは思いますけど、評価は知りません。みんなガンガン書いてたからなー。相対評価にしたらやばいかも。でもみなさん真剣でよろしいことですね。

試験直前にイタリア系カナダ人で北海道に一年間住んでたクラスメイトに日本語で
「ガンバッテ〜」とかわいくいわれ結構エネルギーもらったな。「がんばろうぜ」
とかじゃないんだ。おまえもがんばれよって感じでした。でもその人21歳なのにマスター二年目で、飛び級とかしてるらしい。そういうのがあるのね、カナダには。ほ〜ほ〜。そら余裕でがんばって〜ゆえるわなーと思いました。

こっちの試験はかならず、年金取得者が試験監督でずら〜といるからなんだか不思議な景色です。お年寄りとしても仕事なのかボランティアなのかしらんけど、
若ものが一生懸命勉強してる姿はうれしいでしょうなあ。

ということで、おつかれー自分。月曜もまた試験あるけど、とりあえず泳ぎにでも行って洗い流してきます。ほな〜。
[PR]
by motokologic | 2006-12-08 21:20 | Daily life

Report syuryou

Roma-ji de sitsurei simasu...

Zenjyutsu no report syuuryou itasimasita.
Nakanaka omosiroku kaketayouna.
sirabeteite, jibun tositemo kyoumi bukai theme desita.

kondoha hokano kyoukano siken nimukete, Read, read read no
mainitiga hajimarisoudesu.

kotosimo nokosutokoro hobo ikkagetsu, ganbari massyoi!
[PR]
by motokologic | 2006-11-27 21:44 | Daily life

11月は勉学の季節

最近はだんだんと日照時間が減って参りました。
11月17日現在で
8時46分に日の出、15時19分に日の入りでした。
そして毎日6〜8分ずつ日照時間が減ってゆきます。
つらい〜〜〜!

そんな中で11月は学生達にとって勉強の季節です。特に面白みのない気候の中で勉強に集中するにはもってこいといえばもってこいです。
12月初め頃からの試験期間を控えて今はみな試験勉強をしています。
自習室は込みはじめ、学校滞在人口(学生)も増加しているように感じられます。私も試験勉強&レポート書きをしています。
レポートのテーマは
都市計画における住民参加の現状とその改善方法(自国の例)
ということで、日本のことを調べながら書いています。
都市計画法とかのお堅い日本語を英訳するのが至難の業です。

これはplanning theory and practical process skillのレポートなのですが、レポートが評価の50%を占めるので、重要です。で、残りの50%は筆記試験です。この教科の場合試験時間は4時間です。4時間は筆記試験に課せられた一番短い時間で、たまに7時間とかの教科もあります。
一体何を書けとおっしゃるのでしょうか。こちらでの試験は基本的にいつも論述形式で穴埋めとか、選択肢から選べとかそういう問題はないので、まあ時間はかかるのですが、私の経験だと課せられた時間の半分くらいの時間で普通は終わるように作られているように思います。
いずれにしても、試験は英語のこともあるし何がおこるかわからないので、レポートでなるべく点数を稼いでおきたいところですが、はあどうなることやら。

ちなみにこちらでは出席点みたいなものは一切ないです。授業に出席しようがしまいが生徒の勝手でありそれは成績には一切響きません。試験(もしくはレポート)が全てです。(もちろん実技的な授業では響きます)そして、インターネットで授業で教授が使ったプレゼンやノートが全てダウンロードできるようになっているので、授業を受けず自宅学習すると決めた者にも支障ないようになっています。まあでも教授も人間ですから、休んでばかりいる学生よりはいつも出席している学生の方がかわいいに決まっているし、また自宅学習するにもいずれにしても時間を割かねばならないので、授業にでた方がわかりやすいことも多いし、質問等もできるということで、わたしは基本的に授業にはでてますけど

そんなことでエネルギーが落ちがちな今日この頃ですが、なんとか乗り越えたい。
は〜ほんとになんとか受かりたいの一心ですー。
[PR]
by motokologic | 2006-11-18 03:24 | Daily life

最近は2


寒くなってきましたね〜。
今日は気温0度です。おまけに風も強く外にでるのがおっくうです。
冬は本当に私にとって試練の季節です。

昨日、トロンハイム在住若き女子(日本人)で集まって鍋をしました。
寒い季節にぴったりでした。
鍋は各自材料をもちよって、調理しながら食べれるので準備する方も楽で良い!
まったく料理自慢でない私としては助かります。

最近は朝8時でもまだ夜明け前で、なんだかがっくりするのですが、一週間後の日曜日にサマータイムが終わって、また一時間後にずれるから、
朝の夜明けも時刻的には一時間早くなるので、うれしいです。
その分日の入りは早くなるのですが、まあ致し方ない。

こんな寒い日々には暖炉の火をみたり蝋燭の火を見たりするのが、素敵でこころも落ち着きます。
[PR]
by motokologic | 2006-10-20 18:38 | Daily life

最近。



最近はどうも忙しくしており、かと思えばやることがあり過ぎて軽くパニック症状になり
何も手につかない放心状態になるなど、なんとも不安定な日々を過ごしておりました。
思えば、8月末から彼氏が単身赴任(っていうんでしょうか結婚してなくて)になり、再び一人暮らし、
語学学校に大学の授業に課題にプレゼンにと、まあやることがいろいろありパニックになっても当然かなとも思いました。
急に孤独感に襲われていたたまれなくなったりするのです。
今回は彼氏実家にお世話になることでなんとか収拾がつきました。
二日間泊まらせてもらい学校にもそこから通いました。

その家から見える穏やかなフィヨルド内の海や暖炉の暖かい火、蝋燭の炎
そして一人じゃなく暖かい食事は多いに心をいやしてくれました。
最近は随分寒くなり(今日の気温は朝8度でした)、冬の近付きに多少ナーバスになったりする私ですが(去年はなかなか大変だったので)、ただ一人悲しむのでなく、誰かと気持ちを共有すること、時間をともに過ごすことは精神衛生上大切なのだなと思います。基本的に強がりの私は今さらそう思ったりしました。

来週末は友だちがスカンジナビアに新婚旅行にやってくるので、私もベルゲンまで出向いて食事を共にしたいと思っています。この夏父がこちらに来てくれましたが、こんなにも早く友達世代がやってきてくれるとは(しかもこんな辺境地まで)感動で、本当にうれしく思っています。

来週一週間は子供達にとって秋休みのようで、大学の授業はありますが、語学学校はお休みになります。ノルウェーでは新学年は8月中旬から始まって、大人も子供達の休暇にあわせて夏休みを取る人が多く(ノルウェーでは働いている大人も5週間夏休みがとれます!ありえん。普通2回くらいに分けて取るようです)、つまり8月中旬が仕事はじめとなっていることが多いのですが、やはり今の時期日本でいう五月病みたいな感じで疲れる人が多いのか、この秋休みは日本のゴールデンウィークなみに、うまい時期に設定してあるようです。
ということで、この一週間は大学一本に集中でき、気持ち的に落ち着きそうです。

ということで今は元気です。今日は夕方から日本人の友だちと買い物にいって、冬仕度を整えようと思っています。

日本は中秋の名月のようですね、月見団子が懐かしく頭に浮かびます。
みなさまどうぞお楽しみください。
(ピマ部のみんなは月見会どうだった? さんまはおいしかったですか?)
[PR]
by motokologic | 2006-10-06 20:07 | Daily life

はっきり言ってみる

以前、不満について書きましたが、
教授から突然の召集令を受けたあと、幾ばくか頭に血がのぼった状態ではありましたが、はっきりと自分の要望についてのメール書きました。
正確に言えば、単に
「自分は月曜・木曜午前中はノルウェー語のコースがあるため
授業を設定されても出ることができない。もちろんあなたの授業は大切ですが、今の私にとってノルウェー語を学ぶこともそれと同じくらい重要なのです。デンデン。。。
是非今後のこの学期の予定について話し合いたい。デンデン」
ということを書いただけです。

当たり前の事なんですが、言いたいことを言うというのは大事ですね。
それがたとえどういった相手であったとしてもです。
基本的に言わないことを分かってもらうのは無理。
相手に察してもらうというのは、日本を出ると特にあり得ません。
だれも察してくれません。

これは今取っている授業Planning theory and practical planning skill の文献にも
書いてあったことですが、negociation(交渉)のスキルとして、
人に優しく(softに)、問題にたいして厳しく(hardに)あたる
というのがあると思います。
これは非常に重要で、効果的な交渉を生むそうです。つまり互いにとって、ストレスをためたり、感情のたかぶりをおこさせず、効果的に意思決定に持ち込めるそうです。

月曜日、語学コースが終わった後、午後から集まりに参加しました。
うちの教授と会うのは6月初め以来で、再会を喜び、
会合のなかでも
「motokoが(こっちで完全ファーストネームで呼び合います。私たち学生も教授をファーストネームで呼びます。はじめは抵抗ありましたけど、今ではなかなか気に入っています)是非今学期のこのコースの予定を決めようと提案してくれました。非常にいい提案だと思います」ということで、みんなの予定を聞いてあっさりと、水曜午後、他の必修コースの後ということになりました。

これで私自身もほかの勉強の予定や、彼氏を訪ねていくといったプライベートの予定も立てやすくなり、ばんばんざいです。

本当に大したことない内容ですが、ハッキリ言うことの(そしてその時感情的になったりせず、的確に思いを伝えることの)大切さを再確認した出来事でした。
大人への第一歩でしょうか。
[PR]
by motokologic | 2006-09-27 00:04 | Daily life