カテゴリ:Scandinavian design( 8 )

家に THE DOTS がやってきた!

今ノルウェーです。
先週末Bergenに車を3時間かっ飛ばして行き、
家のものを少し買いました。
引っ越して一年以上経つにも関わらず、玄関周りのインテリアがまだ終わってなかったので、
今回姿見の鏡を買い、下記のDots(コート掛け)を買い
玄関周りに彩りのようなものができました。

結構かわいいでしょ?これから子供のものとかものが多くなるとおもうので、
ちょっとしたとき何かを掛けれたら便利かな?
何も掛けてないときでも、ちょっと面白いかなと思って。

THE DOTS
Manufacturer Muuto http://muuto.com/
Design Tveit & Tornøe

"This characterful little family of hooks is a friendly addition to any wall.
The Dots are proud of their round edges and will treat your clothes with the greatest care.
They will also let you arrange them on your wall in the pattern you like.
Being a very social set of hooks, The Dots love to welcome other Dots to join them on the wall.
The only thing The Dots demand from you is that you uncover them every now and then and admire their shape and material."

b0109265_17171812.jpg

[PR]
by motokologic | 2009-10-14 17:15 | Scandinavian design

北ノルウェーの女性作家によるアクセサリーに本当のクリエイティビティをみる



b0109265_623783.jpg

b0109265_53523.jpg

b0109265_533999.jpg

数日前、この国での芸術性の疑問のようなものも書きましたが、
今回は本当のCreativityと出会いました。

最近買ったジュエリーに、です。
基本的に、私自身はたぶんジュエリーや宝石に対して、
同じくらいの年の女性の平均より興味は低く
特にまた流行を追うタイプでもないのですが、
一点ものの作家もので、洗練されたものには非常に興味をもっていて、
常々そういうものにアンテナをはっているつもりです。
特に旅行先では。

この間、トロンハイムからボートで3時間20分かけてKristiansundという街に
いってきたのですが(その理由や旅行中おもったことはまた時間があれば別記します)、
時間つぶしにふらっと入ったアクセサリー屋(ショッピングセンター内、現代風)にて、
すごくいい作品に出会い、即購入となりました。
値は結構張りましたが、一生物になる感覚的保証があったのです。
その作品からやりすたりに振り回されない、
制作者の思い(エネルギー)みたいなものが伝わってきました。

素材はシルバーで軽く、
一つ一つ微妙に違う色をもつ石が、
(はじめて真剣に宝石とかジュエリーの石について考えたけれど)
ひとつひとつ手作業で違う形(○だったり□だったり△だったり)と
違う大きさにされたシルバーのわっかに通されて。
そのわっかたちが連なったネックレスです。
たくさんのわっかがおなかのほうまでくる長さあるのですが、
そのまま一重でも使用できるし、
二重に巻いてもさらに立体的広がりがでて、めちゃいいのです。
その二重に巻いた時も、小さいわっかが内側にきたり外側にきたり、
またそれを各所でペンダントトップで固定したりで、
時々によって偶然につくりだす形というのが
なんとも魅力的で、使う度に形が違うというのに惹かれました。
身に付ける人にクリエイティビティの最後の部分を残したあたりが、
心にくい!ほんでその作業が単純に楽しい!

店頭での店員さんのお話や彼女のブランドのHPでも、
また作品からも明らかに
この作家がノルウェーの自然からスピリットを得ているのだと感じられます。
それだけに表情豊かなのでしょうか。
製作者でブランドの名前にもなっている
Bjorgさん(3文字目は正確にはoに斜め棒のアルファベット)は
なるほど北ノルウェー出身の方で、インドに2年住んだ時にインスピレーションをへて
その後ファッションデザイナーからジュエリーデザイナーに転向したらしいです。
今ではこのアクセサリーブランドはアメリカにも進出し、
おしゃれに鋭い(めざとい?)アメリカ人等に指示されて人気はうなぎのぼりらしいが、
(アメリアはやはり美しいものに敏感でそれにお金を惜しまない層というのが存在しますからね〜)
彼女は相変わらずマイペースでやってるそうです。
いいっすね、そういうの。

けっこう個性的なので、出かける時はもちろんですが、
華美すぎもしないので、
ただ家にいるときに使うのもいいかもしれないと思いました。
とっても軽いのです。


写真は購入した銀+さまざまな天然石のネックレスとその使用例
2枚目の彼方の指輪に関しては、ここを参照(ベルゲンで購入。こちらも作家ものですが、作家名は失念いたしました。また資料等出てきた時に追記します)
[PR]
by motokologic | 2007-03-05 06:03 | Scandinavian design

創作意欲は抜群。

昨日(日曜日)裁縫をしました。
というのも、土曜日出掛けた時に、室内と室外の気温差等で気持ちわるくなったので、
出かけるのが多少怖くなり、日曜日は基本家付近で過ごすことにしたのです。

作ったのはランチョンマット。
生地選択:私(IKEA にて購入)
考案:婚約者(エンジニア)
製作:私
てな感じです。去年のクリスマスプレゼントにもらったミシンにて。
裁縫はこころがやすら〜ぐ。もっと頻繁に作る余裕を持ちたい。

b0109265_23344398.jpg

使用例1(半円で使ったり)
b0109265_2335133.jpg

使用例2(円で使ったり)
b0109265_23352288.jpg

結構かわいくできた。使いごごちもよし。ちなみに黄緑の方と白の方のリバーシブルにしました。ニッコリ:)
[PR]
by motokologic | 2007-02-12 23:41 | Scandinavian design

新旧指輪対決!


b0109265_235010.jpg


左が、私の母が30数年ほど前ノルウェーを訪れた時に買ったとされる指輪。
うちの母は海外旅行が割と珍しかった時代に、デザイン研修かなんかで北欧を訪れていたようなんです。で、デザイン研修ですから当然デザインもののアクセサリーなんかをいくつか買って帰っていて、その後も普段の生活の中で愛用していたのを私も見て来ているわけです。母が亡くなってから、母のアクセサリー類は基本的に私が使っていいことになった今
この指輪は私の一番のお気に入りとなりました。
b0109265_2471644.jpg

こっちにきてから分かった事によると、このデザインは当時はやっていたようで、ノルウェーのデザインの歴史を綴った本にものってました。(文章がノルウェー語なので、どういういきさつかはいまだわからず。)
特に突飛なデザインではないけれど、いいアクセントにあるというか。北欧のアクセサリー系に共通しているのは、素材をいかした凝り過ぎないデザインで日常生活にそうようにつくられているといったところでしょうか。


右が私が最近かった指輪。ノルウェーのアーティストものです。ごろんとしていて、結構重いのですが、つけてみると意外にかわいいのです。
もう一つの指輪ほど、出番があるかは分かりませんが、時代を超えての指輪対決にもなんだか共通点があるように思えました。
[PR]
by motokologic | 2006-09-04 02:50 | Scandinavian design

Orange came to our house!

b0109265_419769.jpg

オレンジ色のパターンのシーツを買ってみました。
オレンジ&紫という組み合わせもなかなか斬新なものです。
最近どうやら、こんな感じのパターンがこちらのインテリア界でははやっているようで、
壁紙があったり、シャワーカーテンがあったり、ランチョンマットがあったりします。
ちょっと派手かなとおもったけど、
意外にいけます。
日本でもこういう柄はやってますか?

写真は今読んでる村上春樹と一緒に。
[PR]
by motokologic | 2006-09-01 04:19 | Scandinavian design

北欧家具の値段



この間思うところあって、家具屋にて北欧家具を物色していた。
せっかくなので、値段・納期など店頭にていろいろ問い合わせた。

まず、ハンス・ヴァグナーのYチェア。
b0109265_146470.jpg


私が訪ねたトロンハイムの家具ショップ、interiaでの値段は、
ビーチ材ソープフィニッシュ kr.3,956
ビーチ材ブラック塗装  kr.4,565
納期はいづれも6〜8週間。
製造はCarl Hansen&Son(上写真もこのサイトより)
(このホームページでは全家具の三面図面もPDFでダウンロードできる。
真剣に勉強したい人にはお勧め。)

興味があったので、日本での値段もチェックすると、
カールハンセン&サン日本支社で 
ビーチ材ソープフィニッシュ ¥69,300
ビーチ材ブラック塗装  ¥74,500

最近強くなるばかりのノルウェージアンクローネ。1NOK=¥18.6(6月6日現在)で計算すると、
トロンハイムでのYーチェアの値段は日本円で、
kr3,956×18.6=¥73,581
kr4,565×18.6=¥84,909
と信じられないことに、デンマークのお隣の国、こんなにも物理的に近い国で買った方が
日本で買うより割高という結果に相成りました。
たぶん原因は、
・計算にあてたNOKと日本円の為替の具合が悪すぎる
・ノルウェーの消費税が22%と高い
・日本での需要が多く、良い価格提供が行われている
ってとこでしょうかねえ。


ヤコブセンのセブン(製造:Fritz Hansen)は、
b0109265_472710.jpg

b0109265_474228.jpg

もっとも安価な、ラッカー(例えば、黒or白)+脚:スチールクロームメッキ仕上は、同店で
kr 2,953
納期はこちらも6〜8週間。

日本では、Yamagiwa(写真もこのサイトより)
で同じ商品が46,200円(税込み)で販売されている。

またも計算して、
kr2,953×18.6=¥54,925と目玉が飛び出るほど高くなってしまいました。

ということで、北欧家具(デンマーク産で、アンティークとかでなく現在受注生産しているものは、少なくとも)ノルウェーで買うよりも日本で買った方が安い!
というなんとも恨めしい結果。くそぅ。。。
みなさんじゃんじゃん北欧家具買っちゃって下さい。お得です。
[PR]
by motokologic | 2006-06-06 04:15 | Scandinavian design

ecco

先日 靴を買った。
前からなんとなく気になっていたブランド、eccoだ。
今回調べてみたら、デンマークの会社らしい。
こっちでは、たぶたび自転車に乗る&車がないのでよく歩く ので、
エレガントなヒール靴好きの私でも、そういう靴の出番が異様に限られる。

b0109265_23355864.jpg

って〜んで、ここちよく且つなんとなくきちんと感がたもてるけど、カジュアルみたいな感じの靴をかわなきゃな〜と思っていて、それで買ったのだった。
それどこでかったの〜とよく聞かれる靴となったのでした。気分良し。

ホームページはhttp://www2.ecco.com/ss2006/
日本版は http://www.ecco-jpn.com/
それによると、日本でも関東関西圏に直営店が、沖縄でも扱っているお店があるようです。
興味があったらのぞいてみそ。

靴もなんとなく、北欧の家具たちのデザインスピリットとにて、普通の暮らしにそうもので、しかも
センスのいいものとして仕上がっているように感じた。
[PR]
by motokologic | 2006-06-02 23:47 | Scandinavian design

壁のいろ

b0109265_0242163.jpg

以前、壁を塗り替えた〜という話をしたと思うのですが、
写真載せるところができたので、載せときます。
ライトグリーンとパープルです。

この2色はわたしの中で北欧ぽい色なんだけど、どうなんだろう。

b0109265_0255120.jpg

[PR]
by motokologic | 2006-06-01 00:25 | Scandinavian design