質問への答え

質問をいただいたので、以下に答えました。


質問

はじめまして。来月の4月から日本の修士に進学するものです。実は今、今年の夏にNTNUへの留学を希望しているのですが、学科あるいはコースを決めかねているところです。まさに、NTNUへの留学をなさっている方のブログをこのように見つけましたので、少し質問をさせていただければと思います。現在、都市計画・まちづくり・景観・ランドスケープデザインを研究しているのですが、いずれのコースに所属するか迷っております。最初は、Urban Ecological Planning に決めようかと思っていたのですが、このブログを見させていただくとGeograhyにも似たような研究をやっているように思えるので、聞きたいと思いました。あつかましお願いですが、もとこさんが通っていたUrban Ecological Planningの講義内容などについてもアドバイスをいただけたらと思います。

答え
こんにちは。逆に質問ですが、どのくらいの期間NTNUに留学をお考えですか?
これから日本の修士に通われるということは、日本の大学からの交換留学ですかね?

私は日本の大学等には属さず、NTNUに直接属してUrban Ecological Planningという名の修士のコースに2年間属しました。
このコース事体は基本発展途上国出身の学生対象のもので、発展途上国以外出身のものの枠は少なく、とるかどうかも教授次第だと思います。
海外にいく関係で開講は2年に一回で、次回は2009年夏だと思います。(私の知ってる限りの情報なので確かなことは、学部に確認してください。)

はじめのセメスターにUrban Ecological Planningのproject, theory, methodという授業がありました。yutaさんのおっしゃってるのはこの授業のことですかね?
この3授業は一体化してすすめられ(よって、ひとつだけとるとかは無理です)、
海外に1ヶ月半ほどフィールドワークに行ききました。私たちのときはインド&ネパールでしたが、2007年度の学生はウガンダでした。これは担当教授が変わったためです。次回どちらになるのか、果たして違う国なのか私は知りません。
この半セメスターはヨーロッパ等の交換留学生も多く参加していました。

第2セメスター以降は、いくつかの必修授業と選択授業でくみあわされ、修士論文のベースとなる授業もありました。選ぶ授業にもよりますが、おっしゃる通り、地理学系の授業や、社会学系の授業もありました。形態論やデザインといった授業はこのコースの選択肢にはほとんどないです。
私の個人的感想としては、けっこう理論が多かったということです。本読みやレポート等もけっこうあるので、英語力も多く問われます。
あと、主に発展途上国出身者を対象としているので、発展途上国独特の問題に焦点を当てることも多く、それがyutaさんの興味に合っているかはわかりません。
またノルウェーの事例は思ったほど学びません。私は自分の修士論文でノルウェーの事例を取り上げたので、学ぶ機会がありましたが、普通にしていればあまり学ばないはずです。
ノルウェーのことに特別興味があるのなら、他の授業でいいのがあるのではないかと思います。

交換留学で来られるなら、建築科の授業をとり、私のとった授業に比べてもっと手を動かす授業をとるというのも手かと思います。注意したいのは、教授の中には、留学生がクラスの中にいくらいても、ノルウェー語しか話さない人もいるそうなので、ここは事前に要チェックです。

一般的には私にきかれるより、学部のHP等で情報収集し、気になった教授に直接コンタクトを取ってみることをお勧めします。留学全般を引き受ける、国際関係部も力になってくれるはずです。
もし2セメスター以上留学されるつもりなら、第2セメスター以降の授業は、第1セメスターの終わり頃に選べば良いと思いますから、こちらに来てから選べると思いますよ。
(あくまで私の理解では。ご自分で確かめてくださいね)

ではがんばってください。
[PR]
by motokologic | 2008-03-05 10:40 | Architecture
<< 講演予定 in Tokyo 明けましておめでとうございます。 >>