明けましておめでとうございます。

2008年が皆様にとって実りの多い、充実した年になりますように。

こちらは今日(1月2日)が仕事はじめで、
お正月気分も特に無く、ふつーに一年がはじまりました。

ちなみにクリスマス休暇は12月24日から1月1日でした。
十分休みました。

仕事をしだして2ヶ月ですが、いろいろ学びいろいろ思いました。

特に思ったのは、建築設計士っていうのは本当に客商売なんだなっていうこと。
いくら時間をかけて練ったプランでも、クライアントがほしくないと言えばそれでおしまいなわけで。
我々のような小さな会社は設計中にお客さんからの電話を取ることも日常茶飯事なので、
常にいろんな方向にreadyでないといけないわけですね。
図面に集中していると、ついつい冷たい対応になってしまいそうなのですが、
(しかも私の場合、ノルウェー語があっぷあっぷなので、特に)
そんなことではあかんのです。
センス、技術力はもちろんのこと、人間力が大変問われる職業ですね。
簡単じゃないからこそ、一生かけてやっていこうと思える、
いい仕事だなと思います。

もちろん時間をかけて地道にこつこつやってきったことが、
クライアントに気に入ってもらえると
非常に報われますね。

私の勤める事務所は新人を荒波に放り込む方針らしく、
すでにいくつかの小さなプロジェクトに関わらせてもらっています。

男女平等が進んだノルウェーといえども、この業界はまだまだ男社会で、
特に、出入りの業者さんや、クライアントたちはおじさまが多いわけですが、
外人、若造、女という、ある意味三重苦の私が、
やる気だけでどこまでやれるかというのは我事ながら楽しみでもあります。

あと5cm背が高かったらもうすこし貫禄もでるのになーとかしょうもないことも思いつつ、
一歩一歩実力をつけていくしかないなと思ってます。

個々のプロジェクトについてはどれくらいブログでかけるもんかわかりませんが、
やっぱりヨーロッパらしく、修復が多いです。
こちらの普通の家は木造で、既存の建物の図面を起こしていると
いろいろと勉強になります。

あとはヒュッテ(山小屋)の設計とか。
これは新築です。

今年もいい年になりますように。
[PR]
by motokologic | 2008-01-03 02:16 | Daily life
<< 質問への答え ArchiCAD >>