修士号を得て、失ったもの。


それはずばり、視力です。

今まで私は両目とも1,5、調子のいい時は2,0という
眼鏡にもコンタクトにもお世話にならなくてよい、眼を保持してきましたが、
齢27にしてついに、人生初、視力が悪くなるという経験をいたしました。

なんかプレゼンとかのスクリーンがぼけている感じがするな〜
とうすうすはだいぶ前から思っていました。
慢性的にパソコンの見過ぎによって眼が痛い、
しかも勉強を終える最後の何か月か
眼の下の筋肉がぴくぴくして、物理的にけっこう大変でした。

勉強のし過ぎといったらかっこいいけど、
プライベートでもメールしたり、Uチューブで日本のテレビみたりしている
訳で。
ほんと、パソコンが日常生活に不可欠な以上、それとのつきあい方も
考えていかなあかんな〜と思う今日この頃ですわ。

で、ホウゲスンに越してきて、
眼鏡屋に視力測りに行きました。(こっちでは眼科でなく、眼鏡屋に視力はかる専門の人がいるようです)
したら、日本でいうところの0,6と0,8まで落ちてました。。(しくしく)
近くは見えるけど、遠くが見えてないそうです。

眼鏡に対してのアドバイスを求めたところ、
「あなたは鼻が低いから〜」と留め具がついてる眼鏡を薦められました。
そりゃ言ってることは理にかなってるし、西洋人に比べちゃあ私の鼻は低いけど、
自覚してるけど、そんなにはっきり直に言われたら傷つく、と思ったのでした。

ちなみにいろいろな眼鏡を試した結果、これええやんと思った眼鏡はmyumyuのもので、
フレームは2000クローネ(約4万円)
レンズは1400クローネ(約3万円)するとのことでした。
計7万円。
高すぎて手が出ません。しばらく眼鏡なしで過ごすことにします。
日本で買うという手もあるかもしれないけれど、保証とかのことを考えるとこっちで買った方がいいのかなあと考えているところです。

ちなみに、こっちでの視力検査は日本のCみたいなんの
開いてる方向を言うのとは違って、
アルファベットを読むというものです。
初めどう違うのかドキドキでしたが、事なきを得ました。
ちなみに私の視力はこちらでは、-1,0と-1,25と表示されます。
国が変わればいろんなシステムが異なるもんですなあ。
[PR]
by motokologic | 2007-06-29 01:11 | Daily life
<< 母校連載再開 memo(Tibet-Norway) >>