修理の日



b0109265_049434.jpg

b0109265_0512390.jpg

b0109265_0562240.jpg


日曜日(まだ元気だった頃。ちなみにこの原稿は書きだめてありました。)
ブナ(ビーチ)のソープ仕上げのテーブル(デンマーク製)
が汚れたので、やすりを掛けた。

このテーブルは茶色のソファと合わせて、彼氏のお父さんがコペンハーゲンに単身赴任していたときに購入&使用していたのもので、よってデンマーク製。
テーブルはデザインもなかなかいいし、職人さんの手作りだし、
なかなか良い品と思われる。

手入れの仕方に180ー240の目の細かいヤスリを使うようにと指定してあったが、
ちょうど220のものが常備してあったので、それでかける。
本当はやすりをかけるまえに、ソープウォッシュドをするべきらしい。
先ほど床を磨いた木用のソープ(液体)でよいのかなともおもうが、
あとでとりかえしのつかないことになってはいやなので、今日はヤスリのみ。

汚れは表面上のものは取れやすいが、やはり飲み物の飲みこぼしなどで、
しみ込んでしまっているものは取れづらい。
ちゃんとランチョンマット(お手製の!)等をつかわなきゃだめだなと思う一方、
ある程度よごれるのはしかたがないかとも思う。

しかしヤスリをかけたあと、表面を木の粉をとりのぞくくためになでていたら、
なんともスムーズ。おちつく手触り。
大事に修理修復しながら物を長く使うのは気分がいいもの。
手入れ次第で、ものはまた輝きを増すのだ。

家具用材の木については、
たまたまネットで見つけたケンウッド家具工房さんの1ページに詳しい。

ついでに、割れた陶器、取れかけのボタンの手入れもした。
今日は気温が0度以上で、雪が雨にかわっているので、家でじっくり作業をする
修理日和だ。

沖縄時代愛用していたコーヒーカップ(読谷焼き)の皿の部分が
輸送の際に割れてしまっていたが、瞬間接着材でほぼ
完璧によみがえった。

夜は彼氏家族によんでもらって夜ご飯をご一緒しました。
塩漬けにされた豚肉がメインで、まるで沖縄そばに入ってる豚肉のようでした。

それから、カナルボッレ(シナモンボール)等をお母さんと一緒につくりました。おいしかったです。
[PR]
by motokologic | 2007-02-21 00:56 | Daily life
<< 連載 第3歩 ノルウェーの男女 ストックフォルム&オスロ >>