スペイン人はうるさいー雪でも吸音不可能ー

一般的にいって本当にスペイン人はよくしゃべる。
しかも声が大きく、早口で、まわりを気にせずどこでもかしこでもしゃべりまくる。
バスの中でも、自習室でも。下手にイタリア語がわかるので、
スペイン語の会話もなんとなく分かってしまい無視できない。
頼む。静かにしてくれ。勉強させてくれ。
ほんであんたらはいつ勉強してんねん。
人生たのしそうやけど、いつ勉強してんのかほんま不明。

と文句を書きつついると、しばらくして静かになった模様。
しかしカフェ休憩とか多いな自分ら。
まあ基本、日本人まじめ学生な私が世界の様々な生き方の人々に文句をいってもしょうがないが、
基本しずか〜な美術館・図書館とかが妙に落ち着く私としては、
連日氷点下15度以下を記録し続けるここノルウェーはトロンハイムの雪景色が
いろんな音を吸収し、し〜んとした空気を保ってくれるのが好きだ。

まあ愛すべきスペイン人。
カラトラバもスペイン人やし、(拠点スイスやけど)
スペイン人にしかできない発想というのが、建築界なんかには確かにあるのだ。
ってかしばらく静かでいてくれよ。小一時間たのむわ。
[PR]
by motokologic | 2007-02-10 03:13 | Comparative cultures
<< 修士論文研究内容 長い道のりの第一歩 >>