長い道のりの第一歩



こんにちは。
1週間ほど、Haugesundに行っていました。昨日Trondheimに帰ってきました。

Haugesundといえば、私の婚約者が働き、住んでいる街でして、
今後私も住んでいくであろう街です。
今回の滞在も、彼の会社の人事の方が、なんともやさしいことに
私の就職活動の第一歩の手助けをして下さるということで、面接に行っていたのです。

面接といっても彼の会社に就職するわけではないので、面接の練習&心構えの伝授みたいな感じでしょうか。
まず指定された通り、パーソナルテストと言葉のロジックテスト、statisticalテスト(統計テストっていうんでしょうか)をコンピューターで事前に受けて、履歴書と志望動機書を書いて送りました。

一連のテストは使用言語が選べて(ヨーロッパ言語のみ)、
英語でしましたけど、ぽんぽん答えていかなければならないテストに
馴染みのない単語がいっぱい出てきて(株、為替、ビジネス用語等)、
え〜とかなってる間に時間がすぎ、結果は悲惨であったと想像します。

面接は基本ノルウェー語、分からなければ英語で説明してくれるというものでした。
私一人に人事の専門家二人で、いろいろな想定質問をしてくれ、それに必死で私が答える。
のち、彼等がそれに対してフィードバックをくれる。まさしく、個人就職活動サポーターを得た感じでした。
内容は細々書きませんが、面接を通して私がすべき事として、浮かび上がったことは、

ーすぐにでもNALと話すこと(日本とノルウェーの建築士システムの差をふまえ、
私のノルウェーでの資格取得について話し合う。この話し合いを始めたということが大事で、こちらでの立場が分からない場合、仕事に申し込みにくい。具体的にはこちらではノルウェーの大学の建築学科でマスターをとると、そく日本でいう一級建築士になるが、私はノルウェー人でないけど、どうなのか?また私が日本で建築士資格を取った場合はそれをすぐ読み替えてくれるのか等)
ーポートフォリオを作る
ーこっちから日本に書いているレポート等は興味深いので、目に見える形でもっと売り込む
ー落ち着く(長期戦で!)
ー自分の性格を知る(意見強し。協調性についてはどうなのか。)
ー前向きな話し方、捉え方。表現の仕方を心掛ける(大事な事:never blame anyone or anything else/ don’t hide anything! /don't try to be more than real you.)
ー履歴書に予備校も書け!(日本だと書かないかと思うけれど、こっちだと浪人がそこまでコモンでないので、この一年何しててんってことになるから)
ー人材派遣会社を使うという手もある。
ー志望動機書はもっとSpecificに、もう少し簡潔に。完璧なノルウェー語でなくてよいので、ノルウェー人に手直ししてもらわなくて良い。私のノルウェー語能力を見る機会でもあるから。2ページ以内にまとめる。

今回分かった事として、Haugesundでは建築設計事務所が2、3ある。一つは現在移転中のようで、場所が不明だが、他の二つについては場所を確認。ともに興味深い物件をもって活動されているよう。規模は従業員10名程度。


今月末ストックフォルムに学会でいくんだけれども、飛行機がオスロ経由なので、その後オスロにすこし止まって、さっそくNALと話し合う機会を持とうかと思います。(他にも日本大使館とか修士論文関係とかでオスロに用事もあるし。)

いずれにせよ、職がみつかっても労働許可書がおりるのに上手く行って2、3か月、
上手く行かなければ、長期かかることが予想できるので、
いまからじっくりじっくりつめていって、職が見つかった際にはスムーズに行くようにしたいものです。まあ、どっちみち時間がかかるのなら、こっちもそのアドバンテージを十分に活かして、
研究の方をじっくりとし、その発表とうにも時間を割いてもいいのだと
思えるようになってきました。

外国できちんと働くということや、外国に住み着くというのは簡単ではないけれど、
こっちの人と一緒になると決めた以上、覚悟を決めるべきだと
今回腹をくくりました。もちろん日本人として、日本の建築界との関係や
日本社会への貢献をしていきたいけれども、まずこちらで生活基盤を築く事は至極大事です。
またノルウェーでは女性の社会進出がすすんでいるし、男性も女性を養う気はないので、
望むところだ!私は私のしたいようにやるぜ!とむしろ意気込みます。

とりあえず、この長い道のりネタは私が私を励ますページとして機能しそうです。(苦笑)
[PR]
by motokologic | 2007-02-07 05:10 | Architecture
<< スペイン人はうるさいー雪でも吸... Nightlands >>