11月は勉学の季節

最近はだんだんと日照時間が減って参りました。
11月17日現在で
8時46分に日の出、15時19分に日の入りでした。
そして毎日6〜8分ずつ日照時間が減ってゆきます。
つらい〜〜〜!

そんな中で11月は学生達にとって勉強の季節です。特に面白みのない気候の中で勉強に集中するにはもってこいといえばもってこいです。
12月初め頃からの試験期間を控えて今はみな試験勉強をしています。
自習室は込みはじめ、学校滞在人口(学生)も増加しているように感じられます。私も試験勉強&レポート書きをしています。
レポートのテーマは
都市計画における住民参加の現状とその改善方法(自国の例)
ということで、日本のことを調べながら書いています。
都市計画法とかのお堅い日本語を英訳するのが至難の業です。

これはplanning theory and practical process skillのレポートなのですが、レポートが評価の50%を占めるので、重要です。で、残りの50%は筆記試験です。この教科の場合試験時間は4時間です。4時間は筆記試験に課せられた一番短い時間で、たまに7時間とかの教科もあります。
一体何を書けとおっしゃるのでしょうか。こちらでの試験は基本的にいつも論述形式で穴埋めとか、選択肢から選べとかそういう問題はないので、まあ時間はかかるのですが、私の経験だと課せられた時間の半分くらいの時間で普通は終わるように作られているように思います。
いずれにしても、試験は英語のこともあるし何がおこるかわからないので、レポートでなるべく点数を稼いでおきたいところですが、はあどうなることやら。

ちなみにこちらでは出席点みたいなものは一切ないです。授業に出席しようがしまいが生徒の勝手でありそれは成績には一切響きません。試験(もしくはレポート)が全てです。(もちろん実技的な授業では響きます)そして、インターネットで授業で教授が使ったプレゼンやノートが全てダウンロードできるようになっているので、授業を受けず自宅学習すると決めた者にも支障ないようになっています。まあでも教授も人間ですから、休んでばかりいる学生よりはいつも出席している学生の方がかわいいに決まっているし、また自宅学習するにもいずれにしても時間を割かねばならないので、授業にでた方がわかりやすいことも多いし、質問等もできるということで、わたしは基本的に授業にはでてますけど

そんなことでエネルギーが落ちがちな今日この頃ですが、なんとか乗り越えたい。
は〜ほんとになんとか受かりたいの一心ですー。
[PR]
by motokologic | 2006-11-18 03:24 | Daily life
<< Report syuryou 学会について >>