サッチャーの言葉

家庭とは、すべての人にとって心安まる場でなければならないが、可能性を制限する場であってはならない

サッチャー私の半生 マーガレット・サッチャー著 日本経済新聞社(1995)より

(以前に呼んだ本で、今手もとにないので言葉尻や表現は少し違うかもしれないですがこういった言葉でした。

イギリス首相を務めて、鉄の女と呼ばれたマーガレット・サッチャーの言葉です。
呼んだ時、「然り!」と思いました。その日以来、私の中で結婚に対する定義といっていい言葉となっています。
難しいかもしれないが、挑戦しがいのある結婚に対する考察だと思うのです。それをあのサッチャーが言ったのだから説得力あり。彼女自身は弁護士の夫をもち二人の子がいて、そして鉄の女です。

特に意味はないですが思い出したので書いてみました。
[PR]
by motokologic | 2006-09-26 23:43 | Daily life
<< はっきり言ってみる ニダロス ド−メン >>