トロンハイム日本人人口急増化!

題目の通り、トロンハイムはこの夏から日本人が急増しております。
今までは私の知る限り15人くらいの日本人のかたが、結構バラバラに住まれておりました。ノルウェー人の配偶者がおられる方が多いので、みなそれぞれに地域に密着して住まれており、全体としての日本人の集まりというのはなかなかないし、必要ともされていないようでした。(もちろんみなさん個人的にお会いなんだと思います)
去年の5月頃、天皇陛下がトロンハイムに来られたことを契機に日本人の集まりがあって、わたしも入学前だったのですが、たまたま大学手続きのためにトロンハイムを訪れていて、その会にお邪魔させていただきました。いろんな方達と話すことができ、
私が留学してきてからも一組のノルウェー人奥さん&日本人旦那さん(両方ともお医者さん。10代の頃出会われて9年くらい遠距離恋愛の末一緒になられた)のところには、ご飯を食べに訪ねさせてもらったり、お世話になっています。

普段はこういった人たちが一度に会する機会はあまりないので、貴重な時にトロンハイムにいたなあと自分の幸運に感謝。

今までの15人くらいの中にいつも2、3人のNTNU関係者(留学生or学者さん)
が含まれているのだが、この夏からはここが爆発的に増加!
家族でこられたりカップルでこられたりするので、ここが15人くらいになりました。
きゃ〜うれしいわ。この夏まではNTNU関係者に同世代の女性がいなかったので、今とっっても嬉しい気持ちです。
同世代(ちょっと上でもいいんだけど)の日本人女性に会うとそこはかとなくリラックスするんですね。不思議なもんです。日本人女性って包み込むような柔らかさがあるよね。繊細で。このリラックス感はなかなか言葉ではいいづらい。同性ってのがいいのかな。男友だちもわいわいやれて貴重なんだけど、親友はやっぱ女性がいいな〜。

ま、それは置いといて、NTNUでは毎週水曜6時から一時間ほど、日本語を習っているノルウェー人とNTNU関係日本人が集まっておしゃべりしたり、簡単な日本語の勉強をしたりしています。日本人にとってはボランティアで、他の日本人の方と会う貴重な場でもあります。
もちろん日本人なら誰彼かまわずいい!とかいうんじゃないけれど、同じ出身国と言語という共通項をもっている場合、友だちになれる可能性は大きくなるし、一緒にいても心地いいんじゃないかと思うのです。

イタリアにいた頃は本当に日本人が多くて、それで嫌な目にもあったりしたけれど、
ノルウェーという僻地まで来られた方はやはり真面目な方が多いというか、それぞれにすることを持っていて、ノルウェー社会にはちゃんと根が張ってあるので、日本人ばっかりであつまちゃって、本業がおろそかになるなんて事もないし、いいバランスを保てるのではないかと思うのです。

まあ要するにうれしいってことです!!

明日からノルウェー語の授業も始まります。
いい先生といい勉強仲間に出会えるといいな〜。
[PR]
by motokologic | 2006-09-10 21:46 | Daily life
<< 都市計画と政治 フィールドワークの整理 >>