修士論文

修士論文のテーマを決めた。書くのは来年の夏だが、今年の夏にフィールドワークをする。テーマは

自然と建築もしくは集落等の関係性
新しいノルウェーの世界遺産Vegaoyanにおいて

だ。なんだか変な訳になってしまっているが、
つまりノルウェー北部に位置し、2004年にユネスコのLandscape Heritage(自然遺産)に登録されたウ゛ェガ諸島においてみられる一万年以上の自然と人間との関わり合いから、どのように建築&集落は自然に対してあるべきか。また過疎化が進む地域として、いかに世界遺産にも認められた美しいランドスケープを守りながら、地方としての可能性を探れるかというもの。

これについてはこれからちょいちょい書いてゆきます。
興味を持ってもらえたらうれしいな。
[PR]
by motokologic | 2006-05-30 06:38 | Landscape/ Urban pla
<< CD ノルウェーおもしろ制度  >>