ノルウェーおもしろ制度 



私は今彼氏とともに住んでいる。そうなるとノルウェーでは私はもはや独身ではなく、Samboerという同棲の身という立場になる。
こちらでの滞在許可書の申請用紙には、選べる立場として、
未婚・同居・既婚・離婚・夫婦多妻があった。なんという多彩さだろう。ちなみにこれは外人が書き込むものなので、夫婦多彩はアラブ諸国の人用でノルウェー人だと法律違反だと思うけど。  
この同居というタイトルは法律上婚姻を結んだカップルとほとんど差異なく権利等が施行されるので、ノルウェーではもはや結婚はあまりにびっくりするほど意識されていない。この間、彼氏の親友がガールフレンドとの間に子供をもうけたが、彼女の妊娠・出産に伴って、いつ結婚するのかという議論は一度もなかったし、まわりも誰も聞かないし、子供がもうすぐ一歳になる今も彼等は結婚していないが、共に暮らし(つまりサンボーエルの立場)幸せそうだ。つまり結婚しなくても何の不自由もないのである。そういう社会なのである。(追記:ちなみに彼等は婚約しているようです。)
これが別にいいとか悪いとかは思わないが、いい点もいろいろある。日本だと、結婚していないとマンションも共同購入しづらいらしいが、こういうのは同性のカップルには本当に痛手だ。そういう点で、ノルウェーの制度は多くの人に生き方の選択肢を広げるって意味で進んでいるのだと思う。
もちろんノルウェーでも結婚する人は多くいて、でも離婚率がめちゃめちゃ高い。で、二回目からは結婚しないでサンボーエで、って人も多いらしい。

日本でもレッツサンボーエル!となる日は来るのか否か。
[PR]
by motokologic | 2006-05-30 06:20 | About Norway
<< 修士論文 はじめに2 >>